×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


フリートークっぽい物 02

占いに頼ろう♪ \(^▽^

良く、「占いは参考にする程度、頼っては駄目だよ。」
と言う言い方をします。

占い…と言う、言葉を聞くだけで、
占いに否定的、マイナスイメージを持ってる方なら、

「占いなんてやるのは、自分で物を決められない人。
 決断力や主体性の無い、依存心の強い人間。」
みたいに、言われちゃいますよね。

最初から占いに、否定的な人なら、
仕方がないとも、思いますが、
コレに関しては、占いに理解のある人や、
占い師さんでも、上記の

「占いは参考にする程度、頼っては駄目だよ。」
「私の言う事は話半分にね。
 目安や参考程度で、全部は信じて頼らないでね♪」

みたいな事は、割と言われると思います。

まあ、そう言われれば…わからなくも、無い気はするけど、
じゃあ、どう受け取れば良いのっ?と。


「お任せ下さい!」みたいな事、言われてる先から、
「あまり本気にはしないで…」とか言われると、
何かスッキリしないような気も、しちゃったり…?


「どの程度までなら、いいの?」
あるいは
「占いをしている時点で、ダメなの?」
と。。。。

でもね…、私ならこう考えます。
ならそもそも、

頼るって何? どう言う事? 行為?


人にせよ、物にせよ、知識にせよ、
自分以外の人や力を、借りたり、当てにしたり、
関わりを持つ事ですよね。

その事自体は
「活用する」とか「使う」と、
あんまり変っては、聞こえないです。

すると結局、

「他人等とやり取りする」関わりのうち、
主にネガティブな意味の時に、
(自主性の欠如、依頼心、依存心から)
使われる言葉が
「頼る」

主にポジティブな意味の時に、
(自主的、積極的に、自分の意思から)
使われる言葉が
「使う・活用」
では無いかなと、思うんですわ。

日常的な行動の中で、頼る使うの、
厳密な境界線って、中々難しいと思うんですよ。
あくまでも(本人が思っている…を含んで)
言葉のイメージ、使い方の問題。

ただね、だったらこんな風に、
開き直っちゃう事も、出来ると思うんです。


「占いに頼ろう♪」

頼って使って、プラスに出来る、幸せになれるのなら、
それでも良いでは、無いのですかいっ?

頼ると言う、言葉を使うなら、
結局は誰でも、何かしらを頼ってはいます。

上記のように、関わり方の問題だったり、
時には自分にとって、都合良いところは
「使う」と言い、
都合の悪い物は
「頼る」と言っているだけに、
過ぎないかも知れない…。

例えばもし「頼る」が、言葉の意味として、絶対的に悪いなら、
「頼りになる人」「頼りがいのある男」って、
悪い意味、事でしょうかね?
他人に依存心を起こさせ、自主性を奪い、
堕落を誘発する、宇宙最低の大極悪人?

なわけねーじゃん! 
…だからこそ「頼る」と言う言葉も、
「頼れる○○」「頼りがいのある○○」
「君が頼りだ!」
みたく、都合によっては、
“良い意味”で、使われる、わけなんですわ。

じゃあ、

「あなた占いに、頼ってばかりだね…」
「うん♪ おかげで毎日、とっても楽しくて♪」


これがもし、
「あなた占いを、大いに活かしているのね!」
「うん♪ おかげで毎日、とっても楽しくて♪」

と言い換えられるなら、何が悪いのと?
(別に挑発とかじゃなくて、むしろ理屈としてね?)

「占いに頼って何が悪い?」

で、
「いや、占いは悪いよ!」と言う場合、
じゃあ科学になら、頼って良いのだろうか?
それともなに、哲学なら良い? 宗教なら良いの?
あるいは親? 友達? 恋人やパートナー?

それらなら、いくら頼っても良くて、
占いだと、頼ってはいけないと言うなら、理由は?

と考えると、
(占い以外なら、頼っても良いけど、
 占いだけは、頼ってはダメだと言う)
根拠は限りなく、思いつかないです。


結局はその方が持っている、言葉のイメージで、
良く使ったり、悪く使ったりなのでしょうね。
もし、問題視するなら、頼る頼らないでは無く、
頼り方のほうでしょう。


「占いには頼らない?
 じゃあ、あなたは何に頼っているの?」

「俺は何物にも、頼ってなどいない!
 全部自分で、決めている!」


ありえません。

それは単に自覚が無いか、傲慢なだけです。
さらに言い換えれば、

「自分で決めている・自分に頼っている
 →自分以外、耳を貸さない。」

と、いくらでも取り様で、悪くも取れます。

頼ると言う言葉を、使うなら、
必ず何かしらに、頼っている物です。

一方で
「頼りすぎる事が悪い」と言うなら、
これまた、占いだけに対象を限定する、
根拠は私なら、感じません。

別に「占い」だけを差別して、
主語にする必要は、無いと思いますから、
「どんな物であれ、頼りすぎるのは良くないよ。」
と言えば、良い事に思えます。


だから、しいて言うなら大事なのは、
関わり方の問題だと、思うのですよ。

これは「自立と依存」でも、同じように思うんですが、

「頼るから悪い」「依存だから悪い」の、
貼った言葉の、レッテルでの判断は、
かえって本題が、ぼやけやすいと思うんです。
「占いだから悪い」も同じです。)

悪いなら悪いで、頼る事によって、
この場合はどんな、悪影響があるのか?
こっちが主=問題と、思うんですよ。

別に言葉のレッテルやイメージは、気にしなくても良い♪
私なぞはそんな風に、思ってしまうわけです(笑)