×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


論理療法のエッセンス♪



なるほど、そんな事を、言われちゃったんですね。
それじゃあ、ショックですよね。
ただその悩みや、言われた批難って、本当に事実でしょうか?
ちょっと落ち着いて、まずは客観論で考えると、どうでしょう?

「ABC理論 ビリーフ それは事実ですか?」の心理カウンセリング
ページ内リンク
●論理占星術

例えば…

●彼とデートの休日、朝起きたら大雨が降っていた。

●携帯がつながらないので予定通り、屋外で…

●傘を差して待ち合わせていたら、彼は10分遅刻。

●おまけにその時、張り切って着て行った、
 新しい服に、彼は全然気がついてくれなかった。


どうでしょう?
カウンセリングに関する、すべての記述は、
私、ゆきみが学んだ範囲の事を、
私の言葉で、お話しています。

心理カウンセリングに関する、内容・手法・考えが、
他のカウンセラー・療法家の方と、
まったく同じと言うわけでも、ないとは思います。

その辺はどうか、考慮されて読まれて下さい。

論理療法は、アメリカではフロイト、ロジャースなどと並ぶ、
アルバート・エリスという人が創始者で、
ロバート・ハーパーさんらが、提唱した療法です。

論理療法の特徴・物の見方・考え方は、一言で言えば、
まず名称通り
「論理で割り切る」と言う事でしょう。


「何でいまさら、そんな事を…?」と、
思われるかも、しれませんが、
実は改まって考えて見ると、悩みのほとんどと言うのは、
必ずしも事実や、論理的な物ではなく、
悩んでいる本人の、思い込みや、
受け取り方による物に、他なりません。

悩みの原因が、誤った思い込みや、
認知、見方による物だとしたら?

まずは物事を、論理で割り切り、
事実と論理的思考で、考える事によって、
悩みの解決に、つなげようとする物…
そんな発想が、論理療法です。









他人事だと

「そんな事で悩んでいたって、しょうがないじゃない?
 なんでそんな事が、そこまで気になるの?」

と、
冷静に見れても、
言われた本人の、立場になると


「そんな事、言われたって…」
と、なってしまうのは、
誰でも多かれ少なかれ、ある事だと思います。

冒頭の文です。

朝起きて、カーテンを開けた時に、
雨がざーざー降ってたら、なんとなくイヤですよね?

でも、ちょっと待って下さい。
何で、雨が降ったら、
嫌な気分にならなきゃ、いけないんでしょう?


雨が降ったと言う、事実と、
嫌な気分に、ならなきゃいけない事との間には、
本当に事実に基づく、因果関係があるんでしょうか?

携帯がつながらない、彼が遅刻した…。
これらは“あなただったら”
「絶対に許せない事」でしょうか?

でももしも“この彼は”休日の、この時間帯は、
いつも携帯からは、離れていて、
つながらないのが、当たり前だったら?

つながらなくて、当たり前と知っていれば、
それで特別、腹は立たないかも知れません。

もしもこの彼は、時間にルーズで、
待ち合わせといえば、30分待ちは当たり前の、
遅刻の常習犯だったら?

「え? どうせ待たされると、思って、
 いつものように、一休みしながら、
 文庫本を、読み始めたら、
 今日は10分しか、遅れないで来てくれた…!?」
むしろ、嬉しくなるかも知れません。



















あるいは逆に、
時間に正確な彼が、遅れているので、
怒るどころか、心配していたら、
一足早く来て、待っていた彼が、
いつもなら同じく、5分前には来ているはずの、
あなたが今日は、まだなので、
気をきかせたつもりで、バス停を見に行って、
行き違って、いたのだとしたら?


色んなパターンが、考えられます。
そのそれぞれで、
「私なら怒るだろうか?」
「この場合なら腹が立つだろうか?」

と、
考えてみるのも、おもしろいです。

雨も携帯も、待ち合わせも、
それ自体が、絶対的な物ではありません。
その事実を受け取る側が、どう受け取るかで変わって来ます。

だから同じ10分の遅刻でも
「いつも時間に正確なら心配。」
「いつもそれ以上の遅刻が当たり前なら、
 それほど気にならない。」
「ただの寝坊ならカチンとくる。」
「急な発熱なら仕方ない。」

などと、なります。

「そりゃあ、一言で10分の遅刻と、言ったって、
 何で遅れたのか?
 事情や理由で、気持ちはかわりますよー…」


そうでしょう。
事情で気持ちは、いくらでも変わります。
それなら
「10分の遅刻=事実自体」は、
絶対的な物では、無いと言う事になります。

論理療法では、悩みの元になっている、
こう言う一つ一つの、考え方、受け止め方を、
論理で、切り替えていきます。





どうせ、まだだろうと思って、余裕ぶっこいて、
→ちょっとゲームを、始めたところで、
→本格的にメイクを、直し始めたところで、
→クレープを買って、食べ始めたところで、
今回に限って、時間ピッタリに、
彼が、息をはずませて、やって来た。

「何だって今日だけ、遅刻しないのよっ!
 いつもなら絶対、10分過ぎてから来るじゃん!」


今日こそは、待たせないぞと思って、
彼女のよろこぶ顔を、思い浮かべながらやって来た
彼にしてみれば、コレで怒られたら、
八つ当たり以外の、何物でも無いかもしれません。

私たちはどうも、だまっていれば、
思考も手抜きになるように、出来ているのかも知れません。
いつの間にか、こうなって当たり前、ああなって当たり前。
これが出来て当たり前、これがやれて普通。
感情が決まる原因を、出来事=事実だと、
思ってしまいがちです。

でも、もしも事実で、感情が決まるのならば、
全ての人が、同じ事実を前にすれば、
同じ感情に、なるはずです。

「雨降りだから、嫌な気分」
雨を待ちこがれている人だって、たくさんいるでしょう。

「雨が降ったら、洗濯物が干せない」ですか?
それは

「洗濯物が干せない」
と言う“都合”でしょう。
同じ雨降りでも、洗濯物の無い日だったら、
別に困りは、しない事になります。

「彼と別れた。」「仕事をやめる事になった。」
全ての人が、こういった事実を前にして、
同じ感情になるのかと言えば、そうでは無いです。

「私に、女性としての魅力が、足りなかったからだ…」
と、取る人もいれば
「これでもっと良い、新しい彼と巡り会うチャンスが生まれた。」
と、取る人もいます。

「仕事が無くなって、私は社会人失格だ」
と、取る人もいれば
「これでもっと良い、仕事に就けるぞ!」
と、取る人もいます。

彼と、別れたがっている人も、
今の仕事を、やめたいと思っている人も、
世の中には、いくらでもいるでしょう。


論理療法では、
結局、悩んでしまう時と言うのは、
事実が原因なのではなく、
その事実の、
受け止め方のほうが原因であると考えます。

悩みの原因が、適切で無い事実の受け止め方なら、
受け止め方を変えれば、悩みも変わると考えるわけです。

そしてこの、受け止め方の、
原因になっているのが、
自分の、あるいは人から与えられた、
さまざまな思い込みです。


論理療法ではこれを
  
A:Activating(出来事)
  B:Belief(その受け取り方、観念)
  C:Consequence(結果、結果起きる感情)
と分けて考え

A出来事・事実 →C感情  に直結しているのではなく
A出来事・事実 →B受け止め方・観念→ C感情 

だと考えて
「ABC理論」と言います。

気がついてくれなかった、新しい服。
なぜここで、寂しい思いをするのかと言えば、
「新しい服には、気がついてくれるはずだ…」
と言う前提が、あるからでしょう。

あらかじめ
「こうなるはずだ」…の前提があるからこそ、
それと違う結果になると、悲しい思いをするわけです。

論理療法では、この、
不適切で、論理的ではない受け取り方を、
「イラショナル・ビリーフ」
適切で論理的な受け取り方を
「ラショナル・ビリーフ」と、分けて考え、
非論理的・非合理的な、思い込みによる受け取り方を、
どうしたら、論理的・合理的で、
悩まなくてすむ、健康な受け取り方に、
変えていけるだろうか?と、考えて行きます。


こうしたビリーフが、形成されているなら、
形成された原因、元があったはずです。
論理療法はこの原因を、見つけては開放する、
いわゆる「マイナス思考から脱却する心理学」
「固定概念から自由になる心理学」だと思います。
(ただしユングさんのように、原因を過去の体験や、
 潜在意識のような部分・形にまで、
 遡って追求すると言う、意味ではありません。)













よく
「あの人はマイナス思考だ」などと言いますが、
思い込みに基づく、
非論理的なビリーフが、基準になっていると、
同じ事実を前にしても、どんどん悪い方に考え、
悩んで行ってしまいます。

その意味では、
論理療法はゲシュタルトとも、似ていますが、
ゲシュタルトがより、自由自在に視点を変え、
プラス思考に、焦点を当てる感じなら、
論理療法は、しなくてもいいはずの、
マイナス思考、思い込み、パターンなどを、
常識や慣習に、縛られずに、
改まって、論理で割り切って、
解消するような、考え方と思います。

使う手法の、違いと言うのはありますが、
考え方的な部分では、私はそんな風に思っています。

結果的に、論理療法では、
ユングさんの、無意識のような物は扱わずに、
徹底的に、まず事実に視点を当て、
固定概念や思い込みからの、
悩みの開放を、目指します。


だから論理療法による、心理カウンセリングは、
その過程では時には、クライアントさんに、
切り込んで行くような、やり取りも行う場合・部分があるので、
この辺が、来談者中心療法などに、比べると、
厳しい療法と言う、イメージにうつるようですが、
私自身は、持って行き方だと思っています。













ただそれでも、ゲシュタルトと論理療法は、
本質的には、割と似た印象は受けます。

一つ、ポイントがあります。
論理療法と言う、日本語の印象だと、
誤解されがちに、思うんですが…。

実は論理療法では、非論理的な事を、
全て完全に、徹底否定するものでは無いんです。

「雨降りだから、なんとなく嫌な気分だな…」
→これをひっくり返すと、こうなります。
「雨降りだけど、なんとなく楽しい気分だな♪」
→これは論理的な思考ではありません。

でも、その事によって
悩みや不都合が生じないのなら別に良いのです。

あくまでも、非論理的な物の考え方、
事実とは言えない、思い込みや固定概念によって、

悩みや不幸が生じる場合
を、
論理療法は、問題視します。


イラショナル・ビリーフ(非論理的・非合理的な思い込み)は
「○○せねばならない。」
「○○でなければならない。」
などの断定口調に多く、他にも非論理的に、
自分自身の価値を下げたり、卑下してしまったり、
意味や行動を、限定させるような場合と考えます。

そしてこのイラショナル・ビリーフ
(非論理的・非合理的な思い込み)は、
言われて見れば「なるほどな…」と思うかも知れませんが、
実に世の中に多いです。
特に子供のうちは親(保護者)の手の中になければ、
生きていけません。

「早く、ご飯を食べなさい。」

「もう寝なけりゃ、ダメじゃないの。」

「どうして○○ちゃんみたく、出来ないの?」

「忘れ物をしちゃ、だめじゃない。」

「仲良くしなけりゃ、だめじゃない。」

「そんな事じゃ、いい学校に入れないわよ。」

「将来いい会社に、いけないわよ。」


必然的に、親のビリーフによって、育てられます。


これはある程度は、当たり前なんですよね。
最初、白紙状態の、子供の頃は、
教えてもらわなくては、わかりません。
最初から善悪などの、判断基準は無いんです。

でもこの時の、基準になるビリーフが、
親の感情論や、思い込みなどの、不適切な物だったら…?
そして社会に、出れば出たで、
また、たくさんの、ビリーフを言われます。

「なに、まだ彼氏がいないの?
 ちょっと、おかしいんじゃない?」

(→彼氏の一人くらい、その歳ならいて当たり前でしょう?)

「ろくな人間じゃないな。
 営業成績一つでだって、わかるよ。」

(→仕事の出来不出来で、人間性や人格までがわかるよ。)

「30代で独身なんて、人生の負け組みね。」

「主婦は楽だよね。何にもしなくていいんだから。」

「あんなセックスをしてくる彼は、
 私の事は愛していないに違いない。」

「結局、成績が上がらない俺は、
 どう考えても、営業の仕事には向いていない。」

「どうして私は、彼を愛せないんだろう?
 私は悪い人間だ…」

「子供なんて、誰だって育てられるのに、
 どうして私は、上手く出来ない?」

「ちっとも夫が、思いやってくれない。」

「いくら止めてといっても、彼が浮気をする。
 彼は最低の人間だ。」

「夫が浮気を、止めてくれない。
 私は浮気相手以下の、価値しかないんだ…。」


ノイローゼや、病気にまでなる人は、こういった思いで、
自分で自分を、がんじがらめにしてしまいます。









論理療法では、以下のような事すら否定します。

「愛されなければならない。」

→愛されるに越した事は、無いかもしれない。
 でも、愛が無くても、生きてはいける。
 別に今、愛されていないからと言って、
 それで生きる資格が、無くなるわけではない。

「人に迷惑をかけてはならない。」

→迷惑をかけないに、越した事は無い。
 でも、実際には、あらゆる面で、
 完全に、迷惑をかけないでいる事などは、不可能。
 迷惑をかける事=悪い、などと言うビリーフを持っていたら、
 怪我や病気をするたびに、自分を責めなければならない。
 障害や持っていたり、介助・介護を必要とする人を、
 悪い目で見なくては、ならなくなってしまう。

よく占いを使いましょう。占いでわかりますよ。と言いながら、
一方では、占いに頼ってはならない。
占いを絶対視してはならない。と言いますよね。

時には占い師さんでさえ、この点についての区分けを、
不明瞭にしか、伝えて下さらない方もいるようですが、
それについては、例えば
活用形で使う!
と言う意味で、理解する事が出来ます。

占いを使わないと不安。
占いが無いと決められない。と言うような、
「無いと不安。無いとダメ」
(あって当たり前)では無く、

占いを使うと安心、占いがあればより物事を考える、
決定する時の情報や、選択肢が広がる。と言う
「あればより安心。あればより便利。
 あるに越した事は無い♪」

(ただし無くてもいい。無くて当たり前。)です。

「人に頼ってはならない」と言っている一方で
「人は助け合わなくては」と言われて

?????

これも、例えば
「〜した方がいい、するに越した事無い」と
「〜しなくてはならない。しないといけない」の
違いだと、理解する事は出来ます。






知的・身体的障害を持つ方や、高齢の方は
「なぜ“普通の事”が出来ないのか?」
と言う事で、自分を責める事があります。

一方、それを支える、家族の側でも
「家族は支えて当たり前。
 思いやりを持って、支えて上げなくてはいけない。」
と、これまた自分を無尽蔵に、
犠牲にして、しまいかねません。

「人に迷惑をかけてはいけない。」と言う、
一見、当たり前すぎるほどの、もっともらしい言葉も
「人に迷惑をかけなければ、生きて行く事が出来ない。」
人にとっては、トゲになってしまいます。

今は介助や、ボランティアと言う立場に、
とても積極的な考えや、行動で、
望んでくださる方が、増えて来ました。

でもこの「介助やボランティアをする。」と言う事は、
してもらう立場に、視点を変えれば
「迷惑をかける」行為以外の、何物でもありません。
あえて「迷惑と言う言葉」を、使うのであれば…。

論理療法では、
時にこうした、今まで当たり前と、
思っていたような事にまで、踏み込みなおして、
「ちょっと待って…その前提、考え方って、
 本当に事実に、基づいていますか?
 同じ事実を、前にした時、
 より悩んで、不幸になってしまうのは、
 あなたのその、受け止め方のほうには、
 原因はありませんか?」

と、問いかけます。

そして、こう言う思考、考え方、
受け取り方を変える事で、感情も変わり、
感情が変われば、最終的には行動も変わると考え、
固定概念や、思い込みから、
クライアントさんを解放する、心理学と思います。
論理占星術

西洋(エレメンタル)占星術では、
風の星座(思考)の後に、水の星座(感情)が来ます。

十二星座で言うなら、

双子座蟹座
天秤座
蠍座
水瓶座
魚座

です。


思考の仕方によって、その後に来る感情は、変わってきます。
取り入れた知識、情報を、より良い方向に思考して、
次に豊かな、感情が生まれてきます。
同じ事を、論理療法ではABC理論で、
西洋占星術ではエレメンタルで、言っていると思います。

個人的には占星術って、こう言う理解、活用の仕方こそ、
とても意味のある事だと、思うのですが、
なぜか十二星座に、地・水・火・風の、
四元素の区別、見方がある事については、
ちょっと詳しい、星占いの本やサイトなら、
必需品のように、載ってはいても、
あまりこう言う方向?のお話し、解説を目にしません。

何でそうなっていて、どう活かしたら良いの?
と、言う事については、あまりわからない、
書いてくれていないまま、場合によっては

「牡羊座と蟹座は、相性最悪。
 火と水だから、上手く行きません。
 あきらめましょう。」

なんて事だけ、言われてしまったりします。

やっぱり要素や、現状と言う「今」よりも、
結果=未来がどうなるか? 
当たり外れの、ような部分に、
より注目が、行ってしまうのでしょうかねえ?


占い師さんや、占い結果の提供側が、
イラショナル・ビリーフ、入りまくりだと、
受け取る方だって、たまったものでは無いと、思うのです。

カウンセラー対クライアントなら、関係は対等ですが、
占い師対クライアントなら、関係は占い師側が先生です。

この点は、お医者さんと同じで、上下の関係になりますから、
どうしても専門的な、理論が背景のお話しは、
一方的に受け取るだけに、なってしまいがちでしょう。


一方、クライアントさんが、イラショナルビリーフだらけだと、
やっぱり事実上、占いにはなりません。
と言うか、いくら占い結果を、お話しても、
ビリーフの時点で、思い込みの偏りがあるので、
ほとんど解決には、ならないでしょう。

こう言う時には、カウンセリングを抜きにして、
先に占いだけを使っても、解決になら無い事も多いでしょうが、
逆に言えば、お話しのやり取りの中で、
自分を苦しめていた、思い込みを解放できれば、
それだけで、一気に変わってきます。

一人で、悶々と考えて、わかったつもりになっていても、
また、一人でさまざまな占いを、やって見ても、
結局また同じ事で、中々現状が変わらなかった方が、
心理カウンセリングで、やり取りをして行くうちに、
楽になって行く、解決して行く♪

これは、そう言う場合もある〜
期待出来る・多いと言う意味では、
決して嘘では、無いんです。


















恋愛運が良くても、相性が良くても、気がつかないうちに、
イラショナルビリーフ越しに、接してしまっていると、
自分の行動で、失敗を招いているような物ですし、
何度でも同じ事を、繰り返してしまいます。
何より、自分自身が悩んで、辛くなってしまいます。